映画・ドラマ

梨泰院クラス沼民が、六本木クラス(1話)を見たよ。

こんにちはヒロシDEATHです。

六本木クラスみましたか?
まだな方は、今からでもティーバーで見れますので、是非ともご覧ください。

https://tver.jp/

まだ1話を見ただけですが、
概ね、好感度高めかなーと思ったりしてます。(まだ一話なので判断できないですがww)

梨泰院クラスの日本版というものになってて、梨泰院クラスファンとしてもある程度は納得できるものになっていたと思います。
このドラマはあくまでも梨泰院クラスのリメイク版。
本家に寄せすぎという指摘もあるようだけど、寄せることが前提なので、それは的外れな指摘。

改めて思ったけど、週4回六本木で飲み歩いていた私からみて、やはり六本木と梨泰院は全く別の街。全く似てない。
六本木にあるテレ朝が作ったからなんだろーけど、六本木が舞台じゃない方がしっくりきたかも。
(まー日本には、梨泰院みたいな街は存在してないんだけど)

あくまでも個人的な感想として、他局で始まった韓国ドラマスタートアップ風(リメイク版ではないやつ)の「ユニコーンに乗って」がかなりしょぼかったのでちょっと不安になってた。
六本木クラスはそれと違って、設定も含めちゃんと作り込まれていて安心した。
(それにしても、絶対コードとか書けそうもない主人公たちが、スタートアップごっこのように、レンダリングやらNFT、メタバース、エドテックなどバズワードを連呼するだけの、まやかし的なドラマは作らないほうがいいと個人的には思う。日本のドラマのレベル低下が止まんない。。。。)

梨泰院クラスでのシーンもセリフも忠実に再現しようとしてたし、ある部分は日本版に上手にカスタマイズされてたし。
これならば、梨泰院クラスファンが、俺たち私たちの梨泰院クラスのイメージを壊しやがって、と怒ることもないと思う。
あと、本家の主題歌や挿入歌を使ってるとこもよかったと思う。
それに日本版のオリジナル曲が絡み合ってていい感じだったと思う。
(でも私の大好きな、our souls at nightは流れないんだろーけど。。。)

ちょっと面白かった点は、
本家では生徒に体罰しまくり、鞭打ちまでしてた高校の教師が、日本版だと生徒に迎合しまくり先生だったとこ。
いかにも日本らしい。もし本家通り描いてたら、そんな先生いるか?ってツッコミあったと思うし。

そんな中、わずかだけど気になった点を挙げると、
・尺がないからかとても駆け足。本家の90分を45分に押し込んだ感じだからしょーがないけど。
梨泰院クラスは、セリフ感の「ため」や「余韻」が大事なドラマだっただけにちょっと気になったかも

・あと改めて、梨泰院クラスはやはり韓国という国だからこそ生まれた作品なんだなという再認識ができた。社会情勢が韓国と日本はやはり違いすぎる。
ただ、日本風カスタマイズされてて、ポップに軽く描かれてて概ねよかった思う。本家をそのままコピーしたらかなりの違和感を感じたと思う。

日本にもブラックカンパニーはたくさん存在するものの、流石に日本に長屋みたいのは存在しなそうw
出てくる人全てが、それほど悪い組織、悪い人ではなさそうに描かれてる。これも日本という環境にあったカスタマイズだと思った。
あと、日本という国には復讐劇は馴染まないかも。日常に復讐っていうものがあまりないから。
ただ今後、日本もより格差社会が進んでいったら、悲しいかな梨泰院クラスみたいなドラマが間れてしまうかも。そうはなってほしくないけど

あと肝心の主な俳優陣について。
本家のリメイク度という観点で採点してみる。(10点満点。あくまでも再現性という観点だけの採点。敬称略)

竹内涼真 8点
・概ねよかったと思う。セロイのイメージは全く壊れてない。ただちょっとセリフの一つ一つが弱くて印象に残らない。セロイと同じセリフを発しているのに。
お父さんとの晩酌のシーンで、「甘いよ」も印象に残らなかったなー。。。ちょっと残念。

新木優子 9点
・竹内さんとの絡みもよかったと思うし、スアのイメージを崩さず演じられていたと思う。
高校生役は流石に難しそうだったけど、ウィッグも不自然だったし。
次回からは現在の歳に近い役になっていくので、本領発揮してくれると思う。

光石研 9点
・一番しっくりくる演技だったと思う。雰囲気も演技も、本家に負けてなかったと思う。さすがの演技力。
マイナス1点は、校長室での「かっこいいです」があまりにも爽やかすぎて、悲壮感が感じられなかったとこについて。日本版は全般的に悲壮感薄めだとは言え、さすがにはっきりとさやかすぎたということで少し評価下げてみた。

香川照之 8点
・さすがの演技力だし、自分のオリジナルを押し殺しての演技だったので、概ねよかったと思う。ただ、重厚感が本家に比べると圧倒的に足りなかった。そんなに悪い人に見えなかった。刑務所の面会シーンも、緊迫感があまり表現できてなかった他ため少し評価を下げてみた。

早乙女太一 8点
・かなり重要な難しい役だけど、無難にこなしていたと思う。今後より悪になってくれることを期待ww
鶏をしめるシーンもなかなかよかったと思う。

緒方直人 10点
・本家を超えた演技。雰囲気。本家に出ても全く違和感なし。この人刑事役にハマりすぎてる。この辺りのシーンが、最も違和感少なかったって感じた。

次回はとうとうイソ役平手さん登場。
本家と比べて、どんな演技してくるかかなり楽しみ。
六本木での新さん(竹内さん)と優香さん(新木さん)の再開、そしておんぶして自宅まで送ってくシーンに大注目。
多分本家並みのエモシーンになると思うので、楽しみにして待つ。

第二話も、早く見たくてたまんないです。

https://a.r10.to/hMsmN5
ABOUT ME
ヒロシDEATH
ミュージックキュレーター from八王子 エンタメ全般についても書きます。