映画・ドラマ

六本木クラスを激しく楽しみにして待つ、梨泰院クラス沼民のつぶやき

(まず最初にお断りを。あまりにもドラマに対する楽しみが溢れてしまい、ネタバレの表記が満載になってしまったかもなのでご注意ください。)

こんにちは、ヒロシDEATHです。

いよいよ7/7より、日本版梨泰院クラスである六本木クラスが始まります。
梨泰院クラス沼民としては、かなり期待モードです。


日本版のキャストもかなり話題になりました。

この中でも個人的に注目しているのは、やはり宮部新(パク・セロイ)を演じる竹内涼真さん。

このドラマの圧倒的主役、かつこのドラマの象徴でもあるこの重要な役をどう演じるのか。
セロイが放った名台詞を、竹内さんはどう言うのか、日本版にアレンジするのかなど注目したいです。

参考として、日本版「彼女はキレイだった」は、かなり本家を忠実に再現していたようです。
背景は日本風にしていたものの、セリフなどは忠実に再現してたし、本家製作陣からの指示も受けていたりするのかな。
なのできっと、六本木クラスも本家に忠実なセリフが言われるんじゃないかなと想像している。

あとは、個人的に日本の女優さんの中で一番好きな新木優子さんが演じる楠木優香(オ・スア)にも注目。
セロイとの付かず離れずの恋愛関係をどう描いていくんだろ。

(多分2話だと思うので気が早いけど)ハロウィンの梨泰院で再会して、スアの家までおんぶして行くシーンがどうリメイクされるのか。
日本版では新木さんが浴衣姿でおんぶされるらしい。
このシーンがめちゃくちゃ好きなので、日本版でどう描かれるか今から楽しみです。

あとはセロイの次に好きな役、宮部信二(セロイのお父さん)を演じる光石研さん。

とにかく梨泰院クラスは、第1話に重要シーンが満載されてます。

・二人の人生が大きく変わった、長屋の会長との対立するシーン、
・その後の居酒屋で二人で飲むシーン、
・お父さんの事故でセロイが一人ぼっちになってしまうシーン
この名場面かつ重要なシーンがどうなるかドキドキです。

セロイ「人は信念を持って生きろとも言われました」
セロイのお父さん「私の子とは思えないほど、かっこいいです」

セロイのお父さん「酒の味は?」
セロイ「甘いよ」
これらの名台詞が再現されるのか、どう再現されるのかも注目したいです。

しつこいですが、六本木クラスも第1話が最も重要な回になるはず。
六本木クラスでは、どこまで本家のエピソードを盛り込んでくるのか。

予告を見てると、麻宮葵役(イソ役)の平手さんは1話に出てこないみたい。
本家では、イソがカウンセリングを受けてるシーン始まりだったので、そこはいきなり日本版と違うみたいです。

スアとの出会いはやはり険悪な始まりになるのか。
グンウォンを殴り飛ばすのか。
セロイのお父さんは事故でなくなってしまうのか。
夜の病院のシーンはどう描かれるのか(あそこまで過激に描かれるのか)
など楽しみが満載です。

あと忘れちゃいけないのは、本家はドラマを名曲たちが盛り上げに貢献していたこと。
日本版はAlexandrosが手掛けてるみたい。
こちらもかなり楽しみ。


しつこいですが、くれぐれも六本木クラスを梨泰院クラスと比較して、どっちがいいとか悪いとか、そこは合ってるとか違うとか、そーいうつまらない見方は避けたいです。

毎話、六本木クラスオリジナルの楽しさを共有して、13話まで盛り上がれることを期待してます。(SNSでエゴサしまくりたい。)

このブログでも、毎話記事にしていきたいのでよかったら読んでください。

それでは、みんなで六本木クラス楽しみましょー。

ABOUT ME
ヒロシDEATH
ミュージックキュレーター from八王子 エンタメ全般についても書きます。