ライブ・フェス

なれんの⁉︎ライブハウスのオーナー⁉︎(第6話:ライブハウスの価値を考える)

こんにちは、ヒロシDEATHです。

ライブハウスの経営も視野に入れて検討していると、いくつかのメリットが見えてきてる。
そのことは別の記事に書くことにします。

私はライブハウスという自分の城を持ちたい欲求ゼロだし、ライブハウスのオヤジになって若い子と話す欲求もゼロです。

私がオーナーとして参画する絶対条件として言えるのは、
・現状のライブハウスという存在をアップデートすること
・ライブハウスが供給過多ではないこと

になります。
この二つが否定されるのであれば、さっさと退散します。

大袈裟に言えば、私が物心ついた時から数十年間、ライブハウスという定義は変わっておらず、ただ多くの人がそれを変えることにノーということであれば、興味はなくなると思ってる。

また、今後ライブハウスというものが、それほど世の中に必要とされていないのであれば、そのプレーヤー多数の供給過多の状況に突っ込んでいくつもりもなく、違う価値を作りに行くことになると思う。

私はそんな基礎情報すらも持ち得てないので、しばらく情報収集・分析を続けてみようと思います。

第7話に続く。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
もしよかったら「読んだー」でもいいのでコメントしてくれたらありがたいです。
かなり喜びます。
「いいね」なんてくれたらもっと喜びます。
音楽を楽しむことを目的にnoteを書き続けたいと思ってますので、興味のある方は「フォロー」などして継続的に読んでいただけると最高に嬉しいです。

ABOUT ME
ヒロシDEATH
日本のエンタメ系ブロガー。音楽やエンタメを楽しみまくるため日々書き綴ります。