音楽全般

やっぱりあいみょんは、妖しく、エロく、切なかった

こんにちは、ヒロシDEATHです。

すでに国民的シンガーに上り詰めたあいみょん

なんかへんな名前。。。

以前はよく聞かれたこの感想も、おじさんおばさんすら言わなくなったほど全国区になってしまった。

売れたから、ミーハーと思われたくないからというわけではないけど、私は去年の横アリに行った後ほとんどあいみょんの曲を聴かなくなった。

正確には、彼女の曲は毎日と言っていいほど耳にしているけれども、能動的にサブスクで彼女の曲を選ぶ機会がほぼ無くなっていた。
決して飽きたとかいうわけではなくなんとなく。

でもなぜか最近また聴き始めた。
たぶんそれはCMのせい。

あいみょんで最も好きな曲「ハルノヒ」が繰り返しリピートされていたから。

それをきっかけに、「裸の心」「さよならの今日に」、も今更ながら聴き始めた。

彼女の曲は、とごかで聴いたことあるような懐かしいサウンドだと例える人もいるけど、こんな唯一無二で、秀逸なメロディーを留まることなく提供し続けてくれるアーティストは私は他に知らない。

妖しくてエロい雰囲気を持ちながら、爽やかでかつ切なさも持っている。
そんな彼女の曲をまた楽しむ日が来たみたい。

早く新曲聴きたいな。
ライブも絶対見にいくよ。

ABOUT ME
ヒロシDEATH
entertainment journalist