ライブ・フェス

コロナが終息して、国内ロックフェスが再開される世界を待ってる

こんにちは、ヒロシDEATHです。
連続投稿18日目です。

日に日にコロナの感染者が増えているけど、個人的には少し安心しているところもあります。
2月中の頃は、中国で感染者が激増して、間違いなく日本に運ばれてくるのは間違い無いのにとてものんびりムード。
今は状況がかなり変わって、ほとんどの人が警戒している状態。
予想はできないけど、武漢やイタリアやニューヨークのような事態にはならないと思ってる。ただ、緊急事態宣言を出して、一日も早い終息を狙いに行って欲しい。

ということで、春フェスを楽しむことは厳しく、すでにJAPAN JAMは残念ながら中止となってしまった。

同時期に行われる私が大好きなビバラは、まだ中止の決定はされていないが、最終決断が来週になるだろうからそれを待ちたいと思ってる。

夏フェスは楽しめる状況になっていることを祈りたいけど、実施されるのであれば絶対いきたいフェスがある。
国内フェスでは男鹿ロックフェスティバル。それとサマーソニック、ではなくスーパーソニック

今年のサマソニで異常な盛り上がりを見せたTHE 1975。
いま見とかないと損なバンドだと思う。

また来日してくれるリアム。
コロナが終息して、夜空に向かってシンガロングしたい。
ミーハーなのでオアシスの曲も多めでお願いしたい。

東京にはPOST MALONEが来てくれるし、去年のクロッケンフラップで見れると思ってたAURORAも来てくれるし、全日参加しようかなと思ってる。

サマソニより小規模だろうけど、コロナ終息した後のフェスを楽しめるという幸福感は格別なものになると信じてる。

それを実現するためにも自分のできることをしっかりと。不要な外出を避け、仕事は基本リモートワークで行い、まめにハードな手洗いをしっかり。

楽しい未来が来るためにも、みんなで頑張りましょー。

ABOUT ME
ヒロシDEATH
entertainment journalist