ライブ・フェス

秋田県と男鹿フェスの最高なとこを色々と語る

こんにちは、ヒロシDEATHです。

私が最も好きな国内二大フェスの一つ「VIVA LA ROCK」に引き続き、もう一つの最高なフェスである「男鹿フェス」の最高なとこについて色々と語ってみます。

最高ポイントは以下の5つ

最高ポイント①
なんと言っても秋田が最高
とにかく街が綺麗。自然が綺麗。
最初田舎の街とだけ認識してたけど、街並みはとても洗練されて綺麗。
観光スポットも多いし、会場近くの海も空気も綺麗。
こんないいとこで、大好きなアーティストのライブが見れて楽しくないわけがない。

最高ポイント②
なんと言っても食べ物が最高
元々炭水化物大好きで、最も好きなのが(嘘でもなんでもなく)きりたんぽ。
フェスに来た時は、2人前ぐらいの鍋を必ず食べちゃうし、お土産もがっつり買って帰る。とにかくうまい。
(写真はイメージ)

美味しい酒を飲みながらのいぶりがっこやハタハタを飲み食べしたり。
ラーメンもうどんもかなり美味しい。
スイーツでいうと、フェス会場で飲めるメロン&スイカジュースが激ウマ。
これまた、フェス会場でも食べれるババヘラアイスも激ウマ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まだまだ秋田グルメ初心者なので、今年は違う食べ物にもチャレンジしたいなーと。

最高ポイント③
なんと言ってもフェスの雰囲気が最高
基本ワンステージなので、全アーティストが見れる。
ライブだけじゃなく、ナマハゲや大太鼓やアクロバティックなバイクも見れたりする。
前方のモッシュピットは熱く暴れる人が集まり、中方や後方にはお年寄り含めた家族連れがそれぞれ自由にフェスを楽しんでる。
こんなピースフルな雰囲気を味わえるのは、男鹿フェスならでは。
そんな中な雰囲気だからか、会場内をうろつくアーティストがものすごく多い。
SHANKともストレイテナー、ロットン、TFとも気軽に声を交わせられたのはこのフェスだけ。このフェスの雰囲気は本当に最高。

最高ポイント④
なんと言っても激アツなメンツが最高
ラウド系のバンドが比較的多め。このフェスを大好きと公言して、毎年参加しているアーティストも多い。
細美武士も、たとえ呼ばれなくても来ると公言してたし、大太鼓とコラボして「夏のトカゲ」を作ったTFも常連。
レンジやD.Aなども来てくれるし、ローカルフェスなのにメンツ強めなところが本当に最高。

最高ポイント⑤
なんと言ってもボランティアが本当に最高
また来年も来たいなと感じるのは、ボランティアの方々のウェルカム感の強さを感じた瞬間。
東京から遠征してきてよかったと実感するのは、彼らの笑顔や暖かさを感じられた時。
秋田を男鹿をフェスを楽しんで、という熱気が圧倒されるほど強い。
簡易トイレにも、毎年ボランティアの方々の手書きのメッセージが貼ってある。
それを見るのが、男鹿フェスの楽しみの一つでもある。
フェスが終わり帰る時、毎日ハイタッチで送り出される。
このフェスのおかげで、男鹿を知り、秋田を知り、東北が好きになり、自分の故郷の一部にもなれていることが一番嬉しい。
今年もその幸せを味わえたら最高だなって思ってる。

ABOUT ME
ヒロシDEATH
entertainment journalist