ライブ・フェス

新型コロナウイルスが、今後国内音楽イベントにどんな影響を与えるのか、その対策と対応について??(2020/2/17版)

こんにちは、ヒロシDEATHです。

今回も猛威をふるい続けているコロナウイルスと国内音楽イベントについてです。

まず、ほぼ間違いないと言い切れることは以下と考える。(2020年2月17日現在)

①東京都において、市内感染は間違いなく起こっている。(現時点での発表は無し)
②東京都内のクリニックで、検査は全く行われていない。

①は発表まではないものの、病院や屋形船、クルーズ船での感染事例を考えて、東京都内で感染していないという希望には無理がありすぎる。
②は一番怖い状況。季節性インフルエンザであれば、近所のクリニック等で即検査が行われ、通勤通学規制ルールがある。かつワクチンが存在する。
検査できない=被害状況がわからないということでもある。

この記事を書いているのは、決して適当なことを書いて心配を煽りたいわけではない。
あくまでも情報を正しく収集して、最終決断は組織(国や企業や学校)がするものではなく、自分がするものだ思っている。

以下はあくまでも私の想像であり妄想でしかない。
そして、2月、3月の対する私の行動について書こうと思う。
あくまでも私の行動なので、全ての方に当てはまるわけではないのでそれはご了解ください。

私の想定①
・来週日曜日(2/23)には、東京都内において、少なくとも一人以上の市内感染事例が報道されていると想像している
その背景として、未検査の発表されていない感染者が、都内に数百人は存在していると想像している。

私の想定②
・再来週日曜日(3/1)には、少なくとも市内感染による100人以上の感染事例が報道されていることを予想する。
その背景として、未検査の発表されていない感染者が、都内に数百千人は存在していると予想する。
同日行われる予定だった東京マラソン一般の部は中止(アスリートのみ実施)となると予想する。
そして、翌日(3/2)大手企業や多くの学校による通勤通学禁止指示が出ているとも予想する。

上記の予想のように、ここ1週間〜2週間が、国内におけるコロナウイルス対策の勝負時期と考える。
ここで今後の被害拡大のレベルが決まると考えるため、意識を持って行動したいと思ってる。
3/2時点の数千人の感染者に入らないことを最優先事項として行動していこうと思ってる。

ちなみに一部ライブイベント、大型イベントでも中止が出始めている。
患者数に比べ、日本のそれはあきらかにのんびりしている(と感じる。)
アジア各国では、軒並みイベントが中止しているということと比較すると。

私の行動①ライブイベントには行かない
・2月3月に行くライブイベントは決まっているもので8本。
それ以外も行く予定があったりする。
エアゾル感染の可能性が低いとはいえ、換気の悪い、濃厚接触(モッシュ&ダイブ)での感染リスクはものすごく高いと思ってる。
ZEPPなどのどでかいハコで、後ろで大人見しているのであればギリギリセーフかもしれないが、300キャパ程度のライブハウスに感染者が一人でもいたら、多くの人に感染させてしまう可能性が高いと考えている。

1月から今日現在(2/17)に渡って、国や一部企業における対応は非常にルーズなものだと感じている。
今日もラッシュの電車に揺られながら、大勢の会社員学生が移動している。

日本人は規律正しいため、パンデミックにならないような行動はできる人ばかりだと思っている。
ただし、自分の頭で考え行動するより、組織に指示されるのをじっと待っている人が多いため、今回の国や企業のルーズな対応が悪い結果を招かないか心配している。
自分ができる最善の対応をして、状況を見守ろうと思っている。

ABOUT ME
ヒロシDEATH
entertainment journalist