ライブ・フェス

2020年はライブに通いまくりたい邦楽ロックバンドとアーティスト

こんにちは、ヒロシDEATHです。
今日は2019年の大晦日。
今年も今日が最後なので、2019年のまとめとか2020年の期待とか、今日しか書くチャンスがないのでちょっと書いてみる。

2020年にブレイクするバンドやアーティスト、とかあちこちの方が書かれて食傷気味なので、シンプルに今年自分が見たバンド、アーティストで来年もっともっとみたいバンド、アーティストについて書こうと思う。

残念なのが、今年みたライブはたった50本程度なので、まだ見ぬすごいアーティストをいろいろと取りこぼしているんだろーなというとこ。
来年は見る本数にもこだわって、仕事をさっさと終わらせてライブに通いたいとも思ってる。

最初はインキーマップ。
我らが八王子バンドを牽引するリーダー的バンド。
今年事務所を離れ心配したけど、それ以降のライブはとにかくいつも振り切れてて爽快。来年も何度もライブに通わせていただきたい。

次はDanablu。
毎年今年こそは見まくるぞ、と言いながら数本しか見れてないバンド。
こんな最高なバンドが、いつまでもハコを中心にライブやり続けるとは思えないので、いまのうちにしっかり見届けたいと思ってる。

次はRIRI。
ロックバンドじゃないけど。
前から見たいと思ってたけど、ライブに通いたいまでの気持ちになれず、サマソニでたまたまやってるとこを初めて見てかなり衝撃受けた。
彼女のボーカリストとしての資質は別格。
フェラーリのエンジン持ってるのに、にこにこしながら街中をのんびりスイスイ走ってる感じのライブが見れる。近々間違いなくブレイクするはず。
今年は恥ずかしさを抑えて誕生日ライブや教会でのライブにも通ったけど、来年も恥ずかしさに負けずライブ通おうと思う。

次はMade in Me。
いつも聴いてるジャンルとは違うけど、とにかくライブが楽しい。
いい音楽、いい雰囲気、独特の世界観に浸らせてくれる。
来年も何度もその体験味わせてもらいます。

次はLyric Jack。
ライブ何度も取り置きしてもらいながら、結果3本ぐらいしかみれてない。
とにかく女子三人がかっこいい。大学生になって、ライブも定期的にやってくれるだろうから、来年こそは見逃さないようにしたい。

次はONIONRING。
YONフェスでのライブはほんと衝撃的だった。
ハコだけで光るバンドじゃないってわかったので、来年はでかいフェスとかで来れることを期待する。

最後はOCEANS。
八王子バンドで若手バンドの先頭を走りつつある。
去年や今年前半も何度もライブに通ってたけど、今年後半頃から一変した気がする。
勢いだけだったロックバンドに、貫禄やうまさが備わった感じ。
それ以上にライブに対するマインドが数段レベルアップしてるのか、それがライブに表現されてるんじゃないかと。
大袈裟ではなく、ハルカミライ級やそれを超えるレベルになると年末のライブ見て感じた。
それが杞憂なのか正しいのか、来年自分の目で確かめていきたいと思う。

ABOUT ME
ヒロシDEATH
entertainment journalist