ライブ・フェス

新体制になってますます期待させてくれるTOTALFATのベスト10曲

こんにちは、ヒロシDEATHです。

ちょっと時期がずれた記事になってしまいますが。

かなり前から覚悟はしてましたが、10/22にTOALFATからスーパーギタリストクボティが脱退してしまいました。
年々盛り上がってきている邦楽バンドシーンの中でも、異次元ともいえるほどの高いギターテクニックをフェスやライブで見せつけてくれただけに、もの凄く残念に思うけど、次のステージが待っていると思うので感謝を込めてエールを贈りたい思ってる。

TOTALFATは、我が八王子市が誇るバンドだけど、私は初期から聴いていたわけでなかったりする。
どっちかというとにわかファンの域を超えていないかも。。。

アルバムで言うと2012年発売の「Wicked and Naked」からガッツリ聴き始めたし、ライブも通い始めた感じ。だからこのアルバムを聴くと、「あー、これがTOTALFATのサウンドだよな」と一人納得したりしてる。
俺にとってはこれがTOTALFATの代表作だなと。

洋楽パンクロックに憧れたキッズ達が、ロックバンドを初めて年を重ね30代にも突入してる。
最近は、ハイスタやエルレといった邦楽バンドに憧れてバンドを始めた世代が頭角現し始めてたりするけど、洋楽バンドテイストのバンドも個人的には大好き。
是非とも、洋楽のかっこいいおっさんバンドのように40代、50代、60代と活動停止や解散せず続けて欲しいと思ってる。
60代ぐらいで、再度クボティ再加入とかしてくれたらマジかっこいいかも。
まー、俺が生きてないかもだけど。

↑クボティラストライブのプレイリストもオフィシャルが作ってくれたようで、最近はヘビーローテーションしてる。

名曲だらけのアルバムもたくさん出しているTOTALFATだけど、俺のベスト10をちょっと選んでみたいと思う。
10曲以外で大好きな曲もたくさんあるけど、今日時点でのベスト10なので明日には変わってるかも。
ほんと名曲多すぎて10曲に絞るのが難しかった。

俺のTOTALFATベスト10

次点 Summer Frequence
・いきなり次点(11位)をあげちゃうけど、この曲は夏フェスとかでも定番だし、とにかくライブであがるし、大好きな曲。これ聴くとTOTALFATのライブに来たーって気持ちになれる奴。

10位 Broken Bones
・名盤Conscious+Practiceで大好きな曲。その前までのアルバムが個人的にあまりハマってなくて、同アルバムで初めてこれ聴いた時、「やっぱこれがTOTALFATだよっ」と感激したことを覚えてたりする。

9位 X-stream
・ライブでこれ演奏してる時のクボティがすごい好きだった。3ピースでどうやってくれるか期待と不安が入り混じってる。

8位 Space Future
・フェスとかだとほぼやってくれてないけど、ライブで「君を置き去りにしない!!」ってシンガロングするの大好きです。

7位 晴天
・正直ちょっとダサい曲かなと思ったりするけど、TOTALFATらしく超ポジティブな曲で大好き。気分下がってる時は積極的に聴いたりする曲。

6位 Life Like MoviesWalls
・アメリカンハードロック色が濃厚で大好き。洋楽大好きパンクキッズマインドを感じさせてくれてすげー楽しくなる曲。

5位 Just Say Your Word
・もしかしたら、俺が初めて聴いたTOTALFATの曲かも。これを聴くとTOTALFATサウンドだって感じられる。シュンさんの歌声が刺さりまくって胸熱になれる。

4位 Place to Try
・どのライブでもフェスでもほぼやる名曲中の名曲。ライブで何度聴いてもいつでもあがるし、聴くたびに感じ方違かったりする大好きな曲。

3位 OVERDRIVE
・最近はフェスとかでやる機会減ってる気がするけど、TOTALFAT聴き始めたことはラストにやる定番になってた。だからこれ聴くと、「あー、もうライブ終わりやん」と寂しい気分にもなる曲。

2位 Phoenix 
・胸熱になれる曲が大好きだけど、その中でも自分の中では1位2位を争うような名曲。ニューTOTALFATサウンドって感じたりもするので、よりポジティブな気分にさせてくれる奴。

1位 Walls
・最高に胸熱になれる曲。仕事やプライベートで、試行錯誤しながらもがき努力してる時だったりすると確実に泣ける奴。この曲が出てから、ずっと俺の中でベスト1の曲であり続けたかも。

明日ホスコの企画で初めてTOTALFATの新体制でのライブが見れる。期待と不安が入り混じるけど、絶対彼らは前しか向いていないだろうし、最高なライブを見せてくれるだろうから、今後もライブ通いまくって楽しみまくろうと思う。

ABOUT ME
ヒロシDEATH
entertainment journalist