検証ネタ

にわか音楽ファンが思わずやってしまう、できればやらないほうがいい行動についてちょっとまとめてみた。

こんにちは、ヒロシDEATHです。

先の記事にも書きましたが、昨日初めてナードマグネットのワンマンに行き、今はspotifyで聴きながらブログを書いているような、完全ににわかファン状態です。

ここは一発、自分への戒めも含めて、私を含むにわかファンが思わずやってしまう、できればやらないほうがいい行動についてまとめてみたいと思う。

やらない方がいい行動その1.「一生ついて行く必要はない」
その音楽を好きになって、感情が高ぶって言いがちな言葉。
「一緒聴き続けます」
「一生ついていきます」
気持ちはわかんないでもないけど、口に出して言うほどダサいものはない。
本当にいいと思ったら、黙っておっさんやおばさんになっても聴き続けましょう。

やらない方がいい行動その2.「あのバンドに似てるとか例える必要はない」
音楽の知識が少ないにも関わらず、新しく出会った音楽を人に例えたくなる瞬間が増えがち。

知識が少ないので、似ても似つかないバンドに似てると説明したりしてしまいがち。本人は本気でそう思ってるから責めたりはできない。
でかい音で、男性ボーカルがシャウトしてたりすると、「ワンオクに似てない??」と言ったり、
女性ボーカルだと、「どっちかというとハンプ系??」みたいな恐ろしい発言をしてしまう危険性もある。
語りたくなるのはわかるけど、しばらく知識を蓄えることに注力していこう。

やらない方がいい行動その3.「古参ファンを責めないでおこう」
ファン歴が新しい古いとか関係ないのは当たり前なこと。
ただ、新規ファンの行動は、古参ファンにとってイラつく場合が多いことは認識しておいたほうがいい。

そこを我慢して一緒の空間で楽しもうとしてくれるんだから、古参ファンがちょっとぐらい先輩風を吹かしたぐらいで、「ファン歴が長いことは偉いことじゃない」とかいうのはやめた方がいいかも。
自分も相手の立場になったらきっとわかると思うので、それまでは相手を尊重して一緒に楽しむことをお勧めします。

やってはいけない行動その4.「他の人が気になり出すけど気にしないでおこう」
ど新規の時は、ライブに行くこと自体で精一杯、初めて生で憧れのアーティストを見れた聴けた感動でそれどころじゃないけど、にわかファンレベルになると慣れてくるのか周りが見え始めてくる。
「あの服装は違うんじゃない??」「髪とめないとか非常識!!」「サンダルで普通ライブくる??」「曲知らないで乗ってない??」「一緒に口ずさむのやめてよ!!」「そのタイミングで普通ダイブするか??」などなど。

自分の狭い常識を人に押し付けがちな今の世の中。音楽がある空間ぐらいは、ダメなことは無い完全フリーダムが最高だよって気持ちでいきましょ。(もちろん犯罪行為とかは除くよ)

やってはいけない行動その5.「セトリでライブの良し悪しが決まるわけでは無い」
生で初めて聴けた感動を経て、ライブ慣れし始めるとなぜかにわかファンレベルは「セトリ」を重視しがち。
「おー、その曲やったのか」
「そのセトリ最高やん、神セトリだー!!」
「(ライブに行って無い人が)早くセトリあげて欲しい!!」などなど。
聴きたい曲がやったかは気になることはわかるけど、セトリと良いライブかの相関関係はほぼ無いので、あまり気にしない方がいいかなーと思ったりする。
いずれセトリがどーとかまったく気にならなくなる時期が間違いなくくると思う。たぶん。はい。

ABOUT ME
ヒロシDEATH
日本のエンタメ系ブロガー。音楽やエンタメを楽しみまくるため日々書き綴ります。