ハルカミライ

ハルカミライのライブは、なぜリピート率が高いのか?(ハルカミライネタ④)2/4

こんにちは、ヒロシDEATHです。


夏休み明けの方も多いと思いますがいかがお過ごしですか。
私は思った以上にフェス疲れが溜まっている。はっきり言って眠くてしょうがないです。

ちょっと間が空きましたが「ハルカミライのライブは、なぜリピート率が高いのか?」の続き書いていきます。
読みづらくなるので、分割して書いていきます。

ではちょっと振り返りを。

ハルカミライのライブをリピートしてしまう理由として、

「寛容力」

「清潔さ」

「マーケティング力」

というものをあげてみました。
では一つずつ解説したいと思います。あくまでも私の持論なので、気軽に読んでいただけたらありがたいです。

まずは一つめの「寛容力」について

ハルカミライのライブに来る人は、結構ライブ初心者の人が多かったりする。
そーいうライブ慣れしてない人は、どーしても周りに合わせるのに必死になってライブ自体を楽しめなかったり、周りの目を気にし過ぎたり、悪気なく人と違う行動とってしまって、周りから白い目でみられ、嫌な思いをしたりしがち。
更にSNSで批判されたりもしがち。

また最近ありがちなのだけど、アーティスト自身も批判する場面が多くなっているとも感じる。
ステダイやリフトするのはやめてほしいとか、ロックバンドにはパーはいらない、グーをあげてとか。。。


ライブハウスには何着ていけばいいの?一人で行っても平気?どうやって曲に乗ればよいの?曲ほとんど知らないんだけど?一度でいいからダイブしてみたい!

などと不安と期待を抱えつつ勇気を振り絞ってライブハウスに来た人が、そんな批判めいたことを受けたとしてら、きっとまたライブに来るってことはためらってしまうと思う。

ところがハルカミライのライブは、とてもリピート率が高いと感じる。(ヒロシDEATH調べ)

ハルカミライのライブに行った人ならわかるだろーけど、否定とか注意とか存在しなく、基本全部受け入れてくれたりする。


実際にあった例を挙げてみると、
・ダイブしたら
→グータッチしてくれる!

・曲と合わない、タイミング悪いダイブしたら
→「いつでも飛んできていいぞ!」

・マイクジャックしたら
→「お前最高だな!」

・大声で歌ってたら
→「お前の声よく聞こえるよ!」


・場違いなサークル作ったら
→「おいおい!フェスっぽいじゃねーかよ」


・曲に合わせてパーを挙げてると
→「グーでもパーでもいいんだよ」


こんな感じで、全く否定されず、全部受け止めてくれる。
そして、はっきりとそれを伝えてくれる。
もはや爽快感しか残らない!!
そんな器のでかいバンドマン早々いないんじゃないかな?

メンバーがそれだけはっきりと伝えてくれたら、さすがそれを見てる他のファンだって流石に批判とかできない。



結果、ハルカミライのライブに来た人は一切否定されず、自分を承認してくれ、気分よく家に帰れる。
寂しいことだけど、まだまだ会社でも学校でも家でも、自分のことをなかなか理解してくれない、承認してくれないって世の中は続いている。
ライブハウスに行けば自分を認めてくれる、勇気付けてくれる、ハルカミライのライブってそんな感じ。
大げさに言えば、救世主なんじゃないかなーとも思える。

最高なライブが見れて、自分をちゃんと承認してくれる。
そりゃーまたライブに行きたくなるでしょ!
そりゃーリピート率高いよっ!

3/4に続きます。

ABOUT ME
ヒロシDEATH
日本のエンタメ系ブロガー。音楽やエンタメを楽しみまくるため日々書き綴ります。