ライブ・フェス

ROCK IN JAPAN2019ステージ別お勧めビューポイント

こんにちは、ヒロシDEATHです。

皆さま殺人的な猛暑いかがお過ごしでしょうか。
私は今日午前、客先打ち合わせを無事終え10連休がスタートしました!!
今年の夏休みも、過去一充実させるために動き回ろうと思います。

さあ明日からロッキン2019後半3連戦スタート。次週にはサマソニやライジングなども控えております。

台風も来て不安がありますが、猛暑がずっと続くのもきついの多少雨降ってくれてもいいかなーって思い始めたりしてます。ただ、水害などは絶対に起こらないよう祈りたいと思ってます。

私は、8/10、12のロッキン、8/16〜18のサマソニへと参加する予定す。第一回より皆勤(年1日以上参加)している私が、個人的におすすめするビューポイントをお教えしようと思います。ご参考に読んでいただけたらありがたいです。

ただ、あちこちに動画やブログにアップされているような、「フェス初心者への注意点」や「夏フェスにはこういう服装でのぞむべし」、「夏フェスにはこれを持っていくべし」みたいな初心者を上から見るような記事は書かないよう心がけたいでものです。はい。

暑いし移動するのもかったるいし、そもそも全ステージに見たいアーティストが出るとは限らないでしょうが、是非とも全ステージ回って体感することをまずはお勧めしたいです。
と言ってもひたちなかは広いので、水分とタオルを持って必死に移動しましょう。

ということで、各ステージ別お勧めビューポイントを書かせていただきます。

まず最初は、森の中に作られてるサウンドオブフォレスト
おすすめビューポイント:とにかくモッシュピットに突っ込むのもあり‼︎
ここには意外とラウド系バンドが集まったりする。今年の後半戦では、locofrank、NAMBA69、Dizzy Sunfist、ちょっとジャンル違いだけどCreepy Nutsとかも。
モッシュピットのサイズ感もいいので、とても暴れやすい。是非とも勇気を出して一度突っ込んでみることをお勧めします。

次は二番目にキャパシティがあるパークステージ
おすすめビューポイント:前方両サイドでマイペースで見るのもあり‼︎
ステージから見て、前方中央あたりは平坦になっていない特徴あり。ぎゅうぎゅうになると将棋倒しになるリスクあるし、体にストレスかかったりする。
ここは、ちょっと引いてライブを見るっていうのもアリだと思う。
前方両サイドは比較的平坦で、ぎゅうぎゅうにもそんなにならず、ゆったりライブを楽しめると思う。

続いては、迂回路途中にあるヒルサイドステージ
おすすめビューポイント:ゆったりとピザを食べながら見るのもいいかも
毎年、熱々で激ウマなピザを食べにこのステージによっている。たとえお目当のアーティストがいなかったとしても。
小さい一人前のピザを食べるのもいいけど、できれば焼きたての30センチサイズを買って、仲間とシェアして、激ウマのピザを食べながらライブを見るのってのも格別です。

続いては、グラスステージに一番近いバズステージ
おすすめビューポイント:名残惜しく最後のDJを楽しむべし‼︎

グラスステージのトリも終わってから始まるのがこれ。その日の最後の音は、バズステージで鳴ってる。
その日のフェスが終わるのを、名残惜しい貪欲な人たちが踊りまくってる。
グラスステージの余韻のまま帰宅したい人も多いかもだけど、理屈抜きに楽しいから一度は参加することをお勧めする。
ただし最後まで楽しんでると、東京の最終電車に乗り遅れるはずなのでお気をつけて。

次は、ロッキンのライブハウスことウイングテント
おすすめビューポイント:未来のアリーナバンドを目撃しちゃお‼︎
ここから始まって、グラスステージへ駆け上ったアーティストは多数。
それを近距離で目撃できちゃうかも。
俺も、ワンオク、世界の終わり(当時名)、チャットモンチー、RADWIMPSなど目撃してる。それも最前とかで。当時はそんな苦労しないで観れてる。世界の終わりは結構パンパンだったかもだけど。
今年の後半戦のウイングテントでは、LONGMANに注目してる。メロコアバンドだけど、メンバーのキャラクターもいいし、曲もポップな面もあるし、一般受けする可能性は十分あると思ってる。

次は、個人的に一番好きなレイクステージ
おすすめビューポイント:幻想的なステージを目撃すべし‼︎
これは結構多くの人が言ってたりするけど、日が沈んだ後のレイクステージの美しさはハンパない。
ステージ上のパフォーマンスに煽られ、熱狂するフロアがものすごく美しく見えるのがトリの時間。
個人的には今でも鮮明に記憶されてるHAWAIIAN6とかRADWIMPS、サカナクションなども。見てはいないけどマキシマムザホルモンもトリでやった時期がある。
きっとすげー幻想的なライブだったんだろーなと想像。
今年の後半戦は、四星球とベボベと時雨。
時雨はまじやばいライブになりそう。バンプの裏の四星球はどうなんだろ。ある意味とんでもないライブをやってくれると信じてるので、俺はバンプ蹴って四星球見る予定。

最後はロッキンを代表する一番でかいグラスステージ
おすすめビューポイント:好きな音楽を寝ながら聴くという贅沢さを体感しよう‼︎
モッシュピットに突っ込み、ぎゅうぎゅうに押されながら好きな音楽を聞くことも格別だと思うけど、芝生に寝っ転がって好きな音楽を聴くという非日常空間を是非とも体験してほしいと思う。
動員状況にもよるけど、P.Aブース横あたりかそれよりもう少し後ろぐらいに空間ができることがある。そこで寝っ転がって聴くことをお勧めする。
ベストなのは、トリ前とかトリ時間だと暗くて涼しくなってきて、最高なシチュエーションなんじゃないかなと思ったりする。
10日のバンプだとさすがに寝転がる空間はできないかもだけど、他のアーティストでチャンスがあれば是非ともチャレンジしていただきたい。

明日からのロッキン行く人、最初から最後まで楽しみまくりましょー。

ABOUT ME
ヒロシDEATH
entertainment journalist