ロックフェス

2019ロックインジャパンに、人気youtuberが出演することになって思うこと

こんにちは、ヒロシDEATHです。

今年の夏フェスは、この前の記事でも書いたけど、個人的にはサマソニが一番熱い。
洋楽邦楽共に3日間とも既に激アツなので、ローソンで三日券買ったー。
その金額39000円なり。
でも幕張でやるから、交通費は往復2000円/日程度。ロッキンに比べて8000円ぐらい安く、男鹿フェスに比べて30000円ほど安くほんと助かる。
ライブって、下手すると入場券より交通費の方がかかったりするので、首都圏型フェスが魅力的だと無条件に嬉しくなる。

嵐で途中中止となった初回から皆勤してるロッキンにも、今年も多分行くけど、1日間の参加になりそうかも。
ロッキンはロッキンで、万人が楽しめるフェスとしてすごい魅力的で、メンツも毎年豪華で、トイレも最近水洗&クーラー付きまで登場するという快適フェスで、今後も皆勤は続けたいと思ってる。

そんなロッキンが先日ちょっと荒れてた。
ご存知な方も多いとは思うけど、人気youtuberのフィッシャーズのブッキングに対して、異論を唱える人がいるらしい。
その内容は、神聖なロックフェス??に、音楽を本業にしないやつがでるとかとんでもないとか、他のアーティストをろくに知らない魚民(フィッシャーズファンのこと??居酒屋みたいとか言う奴は完全スルーされるレベルなのでお互い気をつけよう。)

人気ユーチューバーのセゴリータ三世さんも過敏に反応してた。

コメント欄も同意なものが多く(そもそもセゴさんファンが書いてるんだから同意になるか。。。)そーいう感じなのねって思って読んだりしてた。

ということで、題名にもした「2019ロックインジャパンに、人気youtuberが出演することになって思うこと」を書きたいと思うが、
正直、「なんとも思わない」としか言えない。それ以上でも以下でもない。ほんとそう。そーなんだからしょうがない。

これまたご存知の通り、ロッキンは日本のフェスの元祖であり、動員数がずっと日本一を誇ってる。
先にも述べたが、私も初回から皆勤してるし、毎年いきたくなる魅力的なフェスだと思ってる。(雨の中ナンバーガールの演奏が始まり、雨合羽きたダイバーが続出して光景を今でも鮮明に覚えてる。。。)
過去に外タレがでたこともあったり、ゆずとかミスチルも、アイドルなんて当たり前、EDM系もヒップホップも、まさに音楽のデパート(これはもう古い表現だよね??)
そこに、小学生がなりたい職業ランキング一位で、かなり前から社会現象にまでなっているyoutuberがでることなんて想定内のど真ん中のこと。
すでにMステにもでてるし、今年のロッキンにでることは、エルレぐらい確実視してたんじゃない、と思うぐらい。
それがまさかの拒否反応。正直なんでかわかんなかった。

そんな時、今日あがったセゴさんの動画をみてその荒れてる理由がわかった気がした。

わかったことは簡単に言うと、
圧倒的に知識が不足してる人が騒いでると言うこと

ロッキンの歴史やポリシーを少しでも知ってる人、会場に何度か足を運んだ人、いろいろな音楽に触れている人、などにとっては、きっと私に近い反応になんだーなと。
なんでロックフェスにヒップホップやアイドルやフォークデュオがでるの??
なんでジャパンなのに外タレが出るの??
なんで特定のアーティストしかみないファンを増やすようなブッキングをするの??
などなどの、既に言い尽くされたありがちな過去の問題(昔は公式掲示板で殺し合いレベルの言い争いが起こったりしてたなー)を知らない、フェスライトユーザのみが困惑してるのだなーと。
ロッキンが、今一番熱い人(他の言い方が思いつかない。。。)を呼ぶのは、日本一のフェスのデパートとしてある意味当然なこと。

反省点としては、既にフェスにはお子様レベルから、プロフェッショナルまでのカバーしていかないといけない現実があるわけだし、youtuberを出す思いみたいなものを揃えてメンツの発表を行うべきだったのではないかと思ったりもしてる。
ただ、私同様、主催者側もある程度喜んだり驚いたりはすると想像してたけど、これだけ批判されるとは思ってもいなかったんじゃないかな。
それほど、フェス人口は膨れ、多様性を持ち始めたということなんだろーから、次世代のフェスを考える時期なのかもと思ったりしております。

今回は以上です。
最後に。
早く8/12のエルレ発表してよっ

ABOUT ME
ヒロシDEATH
日本のエンタメ系ブロガー。音楽やエンタメを楽しみまくるため日々書き綴ります。