チケットリセール問題

人気ライブチケットの争奪戦に勝つ方法(入門講座)

こんにちは。ヒロシDEATHです。

今回は、自分のライフワークにしたいチケットリセール問題について書こうと思って、ただちょっと趣向を変えて書きたいと思います。

私はライブに通い始めてかれこれ数十年。紙チケットを求めプレイガイドに徹夜した時代を経験し、ぴあが始めてた電話予約、その後の自動音声予約でも何百枚とチケットを取り、時には争奪戦に負けたり、今も変わらずネット予約での争奪戦に参加してます。

以前なら、新しいサービスをいち早く使う(ぴあのPコード)とか実際にあった裏番号(子番号)をなんとか入手する、チケットプロモーターの会員になる、など情報を持ったもの勝ちという状況だったりしましたが、最近はアカウント認証を経ての抽選など、チケットを取ることに対して公平感がかなり強くなってきていて、情報を持ったら有利だとは言い切れなくなったりしてます。

正直、最近は私も確固たる勝利法っていうものは持ててないけど、比較的取れる確度をあげると思われるコツはあると思ってるので、今日はそれを惜しげなく公開したいと思ってます。(あくまでも自己流なためご参考程度に)
対象はEプラスの一般発売をイメージしてます。(確率を上げるためにも、先行抽選には必ず参加して、もし落選したら即ツイッター等で譲ってくださいを叫ぶこと、ダブって取れましたらツイートを探しまくることも必須事項です。)

こつ① 事前準備が大事
・10時の発売時間までに精神を落ち着かせて正座して待っていることがとても大事です。(清らかな気持ちでチケット争奪戦に臨みましょうww)
というのは少し冗談で、30分前ごろにはログインした状態で待つことが必須です。10時を迎えてからログインしようとした場合、そこで弾かれる可能性が高かったりします。早めにログインして、たまに申し込みボタンを押して(一定時間アクションがないと強制退場させられる可能性がある)心静かに待ちましょう。

こつ② シミュレーションが大事
・以前は10時ジャストに申し込みボタンを押して、しばらくサーバにつながるか繋がらないかハラハラタイムが当たり前のようにありましたが、今はサーバも強化され、さらにそのあとのアクションを経て申し込みとなるようになっています。
つまり、10時丁度に申し込み押してから、正式な申し込みまだ行くまでの時間が勝負です。この0.01秒の戦いで取れるか取れないか決まる場合もあると考えます。
もたもたしている間に、お席をご用意できませんの表示を見ることになるかもしれないです。
次にどこのボタンを押すか、ボタンはどの辺にあるか、支払方法はどれを選ぶかなど、事前に売り切れていないチケットで何度もシミュレーションが必須です。

こつ③ やはり高速回線が有利
・最近だとスマホからチャレンジしている人も多いとは思いますが、何と言っても回線が早い方が有利だと思うので、光回線でない人は変えてみるのも手かもです。
実測値が早いもの、最近だとnuroとかがいいのかも。ただ、光だから必ず速いというわけでもなく、実測値をちゃんと確認することも大事です。

こつ④ やはり高性能PCが有利
・回線同様ハイスペックPCがやはり有利。某世界的イベントのチケット販売の時、他の人より数倍早くアクセスでき、プレミアチケットを何枚も確保できました。一概に言えないですが、デスクトップの最速CPUが載っているものであれば、かなり有利なのではと実感してます。

こつ⑤ ブラウザの選定も大事
・ここはあまり言いたくないことですが、全部晒け出しときます。
PCでチャレンジする人の多くは、きっとIEかsafariで繋いでいることだと思います。超絶オススメはFirefox。
理屈はわからないけど、実績をみると圧倒的にこれで取れてるケースが多い。使う人が少ないからなのか、アーキテクチャの違いなのか全くわかんないけど、これを選択することをお勧めします。

こつ⑥ 支払忘れチケットを狙うことも大事
・これも非常に大事なことです。上記でチャレンジしても取れないケースは多々あると思います。そんな時は、予約した人が支払えない、支払を忘れたチケットというものを狙うことをお勧めします。
どんな人気なチケットでも、必ずと言っていいほどそのようなチケットは発生します。特にアリーナ級のチケットであればかなりの量が期待できます。
ちなみにイープラスの場合、支払期限日の翌々日のAM10から再販売されるはずです。この時間にこつ①及び②を実践すれば、取れる可能性もあると考えます。

以上、あくまでも自己流なのでよかったら参考にしてみてくださいー。

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

ABOUT ME
ヒロシDEATH
日本のエンタメ系ブロガー。音楽やエンタメを楽しみまくるため日々書き綴ります。